1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)18:51:31 ID:B0j
書いてるやつでも読んでるやつでもええから教えてクレメンス
スポンサーリンク
2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)18:53:34 ID:aJY
書くのは自分が世界を創造できる面白さ
読むのは他人の世界観に触れる面白さと文章の上手さやな
読んで感想もらえば承認欲求も満たされるし物書きは至上の娯楽よ

 

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)18:55:24 ID:l3E
別のあり得た人生を擬似的に体験出来るっていうのは楽しみのひとつやろなあ

 

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)18:57:09 ID:B0j
何で小説である必要があるんや?
映像や漫画でええやろ

 

5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)18:59:12 ID:GCP
>>4
映画は置いていかれるとわけわからんくなるけど小説は自分のペースで読める
漫画は絵だけど小説はリアルな人や風景を思い浮かべるからリアリティがある
まあ個人の好みやろ

 

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)18:59:44 ID:B0j
個人の好みの問題なんか?
じゃあ無声映画みたいに滅びてもええんか?

 

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:01:57 ID:GCP
>>6
急にそんなこと言われても…

 

10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:03:46 ID:B0j
いや
問題設定としておかしないやろ
映像が小説より簡単に作れるようになれば小説滅びるんちゃうか

 

13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:05:58 ID:j0f
>>10
でもその映像を表現するには言葉がいるやろ、発想持ったやつが一から映像自分で全部作るならいらんかもしれんが

 

15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:06:43 ID:B0j
>>13
それや
小説は映像より劣ったメディアなんやな
存在する意味ないんやな

 

11: 2018/10/01(月)19:04:09 ID:giL
松本清張と西村京太郎しか読んだことないな

 

14: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:06:12 ID:uQG
ある小説のあとがきで読んだ例え話やが
例えば「モグラがあぐらをかく」なんてのは漫画でも映画でも描くのは難しいが
文章なら簡単に書ける
そんな感じで文章でしか表せない世界というのがあるんや

 

18: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:07:36 ID:B0j
>>14
そんなニッチな部分だけか

 

19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:08:16 ID:l3E
>>18
別にメジャーでなくてもええやろ

 

16: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:07:04 ID:d4z
小説は人の内面を表現するのに一番適してる
繊細な心の機微を楽しめるんやで

 

17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:07:14 ID:IzE
言葉のもつ異常な怖さって言うものは映像では表現できん気もするがなぁ

 

20: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:08:53 ID:67H
想像が膨らむから面白いんや
映画とかアニメも面白いけど
小説は見る度に違った風情を感じられたりして意外と面白いんやで

 

22: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:09:51 ID:B0j
>>20
え?
見るたびに違った風情?
そんなん映画でも感じるで

 

32: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:11:52 ID:67H
>>22
違いとしては想像に頼る部分が大きいと思うで

 

21: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:09:09 ID:dr6
小説のええところは自分で世界を作れるところ

 

25: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:10:21 ID:IzE
まあでも理解できないものは理解できないやろ
それはイッチが悪いわけではない
イッチが思うより「個人の好みとして小説が好き」な人が多いだけの話よ

 

26: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:10:35 ID:0OT
ワイも小説と映画ドラマなら後者が好き
だけど小説は制約がないのがええわ
制作の都合でできないシーンが表現できるのはメリット

 

27: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:10:49 ID:5tS
ただ電子書籍は大嫌いや
やっぱり紙がナンバーワン!

 

29: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:11:25 ID:IzE
>>27
分かるで
紙の持つ魔力ってのは説明できんわ

 

スポンサーリンク

28: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:11:08 ID:79C
世界観に入れば面白い

 

30: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:11:25 ID:l3E
もっというと滅びるなら滅びても別にええんやないか

 

31: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:11:48 ID:B0j
はぁー
個人の好みでわざわざ目隠しして映画見るような真似しとるんか
マゾやな

 

36: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:14:05 ID:0OT
>>31
映画やと制作費やらなんやらで金がかかるやん
そんで何年か費やしてやっと2時間分やん?
この間に小説ならもっと話が進むんやで
ワイも映像のがすきやけどな

 

33: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:12:10 ID:dr6
いや、まぁ感性は人それぞれやし
何に重きをおくのかは人それぞれや
娯楽は違った楽しみかたがある

 

34: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:13:07 ID:IzE
映画も好きやけどな
でも小説の一字一句の異常な吸引力には勝てんわ

 

38: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:14:31 ID:dr6
>>34
ワイもどっちも好き
ただ優劣つけられん
原作を越える映画も見たことあるし
原作こそが至高なのもある

 

35: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:13:53 ID:67H
まぁどっちが優れてるとかは無いで
どれにも違った良さがあるんや

 

37: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:14:29 ID:GCP
小説って自伝もあるから滅びはせんやろ

 

40: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:15:01 ID:HWx
布団の中でする妄想っていつも同じシーンをぐるぐる繰り返しとるやろ?
それを小説に書いて文字にすれば、妄想も違う展開を見せてくれるんや

 

41: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:15:41 ID:yrq
小説はもっとも単純で最も作りやすいメディアやからな
映像ではやるのに何百万何千万とかかるものをたった数個の文章で実現できるし
その中には主人公の主観なり他のキャラクターの心理状態なり
いくつか表現方法を分けて行わなければいけないものをミックスできるのが強みなんやで
特にハイレベルな文章書く作家は文章を読んで映像を表現するだけに留まらない文章自体の美しさを演出できるからな
まあ小説の強みってこんなもんやろ

 

49: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:16:53 ID:B0j
>>41
ほーん
じゃあ脳内スキャンが実現して映像を文字打ち込みより早く
作品にできるようになったら小説は死ぬんやな

 

54: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:17:33 ID:yrq
>>49
せやからそれをやったら映画もアニメも死ぬだけやで
体験という意味で最も強いゲームが勝つだけ
というよりゲームどころじゃなく自分の理想の世界で生きることが出来るから、メディアどころやないで

 

58: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:19:09 ID:B0j
>>54
それもそうか
ちょっと極端やったな

 

45: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:16:05 ID:dr6
娯楽に優劣をつけるのはナンセンス

 

46: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:16:05 ID:l3E
質的な違いを量的に比較しようと頑張ってるけど無理やないか

 

47: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:16:33 ID:dr6
>>46
それこそ個人の価値観を超越できんわけやしな

 

50: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:16:57 ID:d4z
ワイは自分も感じたことのある感情をきれいに言葉で説明されると
「そうそう!アレってこういうことなんや!!」って共感できる瞬間がたまらん

 

53: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:17:26 ID:B0j
>>50
臆病な自尊心と尊大な羞恥心か?
これもセリフやからなあ
映画でもええんやで

 

56: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:18:24 ID:d4z
>>53
似たようなもんかな、でも心の動きはセリフではよう言わんし
それ映画で全部口にしてたらしらけるやん

 

スポンサーリンク
51: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:17:01 ID:5tS
あと適当に扱っても平気なのもええな
旅先に二、三冊持っていくだけでヒマを潰せる
放り投げても押しても壊れへんし

 

52: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:17:06 ID:UhB
漫画とかドラマとかアニメとかは
色々な事情で思ったように絵を作れないこともあるけど
小説なら全部文やから自由度が高いというのがあるわね

 

55: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:18:12 ID:dr6
まぁこればっかりは個人の価値観の違いやからなぁ
イッチの価値観に合わん人もおる

 

57: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:18:56 ID:67H
こういうので人それぞれって言葉使うと怒り狂う奴おるけど
なんでなんやろな
自分の意見を通したいんやろか

 

60: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:20:20 ID:dr6
>>57
まぁそこらへんも人それぞれとしか言えん

 

61: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:21:18 ID:67H
>>60
せやな草

 

59: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:20:14 ID:yrq
評価ベクトルが多すぎると一面的な部分が評価できても他の部分で足を引っ張られることはよくあることや
演技はよくてもBGMがだめだ、BGMがよくても演出がだめだ、演出がよくても構図が駄目だ……
こんな複数の評価ベクトルをある程度絞れるからこそ小説は生き残ってきたんや(後簡単に作れるからや。というより、簡単に作れるってのが一番でかい理由や)
まあでもこれからどんどん滅びてく分野やろね
けどそれは映画もアニメもおんなじで、むしろ小説や文章は一番滅びるのが遅い分野やと思う
進歩していくのはゲームか

 

62: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:21:22 ID:B0j
>>59
ほーん
一番納得いく話やな

 

63: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:22:09 ID:5tS
SFの訳の分からんものを想像するのも好きや
ニューロマンサーとか初見やと理解できへんわ

 

64: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:22:32 ID:GCP
コクーンでオールド・タイム・ロンドンやってみたい

 

65: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:22:35 ID:B0j
ニューロマンサーは確かに途中でやめたわ

 

66: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:22:37 ID:dr6
てかあれよな
楽しみかたが千差万別であるわけやし
面白さを解説せよってのがむずい
当人の波長が合うかどうかのところもあるし

 

68: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:23:47 ID:d4z
ワイ、小説すきやけど、小説の映像化はだいたいテンポ悪くてストーリーわかりにくいねん
元小説の良さも大抵伝わらんし
やっぱり映像化するのに向き不向きってあるから
小説という媒体でしか光らん話もあると思うで

 

69: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:24:23 ID:B0j
>>68
例えばなんや
日の名残りとか映画は見てないんやがあれはどうなんやろ

 

70: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:24:58 ID:dr6
>>69
日の名残りは映像のがおもろいで

 

71: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:25:31 ID:B0j
>>70
えー
あの寂寞の感じを再現できるとは思わんのやが

 

76: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:27:48 ID:dr6
>>71
俳優の表情や所作がええんやあの映画
まぁ感性は人それぞれやし
実際にみて自分で比べてこたえをだすんやで

 

74: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:26:04 ID:B0j
登場人物数半端ないからな

 

77: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)19:29:25 ID:B0j
まあコッポラの地獄の黙示録が一番なんやけどな
闇の奥とかつまらんわ

 

引用元: 小説の面白さってなんや?

スポンサーリンク
姉妹サイト 最新記事


おすすめの記事