スポンサーリンク
こちらもオススメ!



正史三国志・劉備伝の全文(意)訳と解説をするで

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:08:06 ID:sJ5
三国志齧ってるワイが正史三国志の先主(劉備)伝を意訳と解説していくで
興味あったら見ていってクレメンス

スポンサーリンク
2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:08:29 ID:sJ5

先主、姓劉諱備、字玄德、?郡?縣人、漢景帝子中山靖王勝之後也。

先主は姓を劉、諱を備、字を玄徳といい、?郡?県の人で、漢の景帝の子の中山靖王劉勝の後裔である。

3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:09:03 ID:sJ5

勝子貞、元狩六年封?縣陸城亭侯。坐酎金、失侯、因家焉。

劉勝の子の劉貞は、元狩六年(紀元前117年)に?県の陸城亭侯に封じられた。酎祭の金を出さず、侯を失い、こうして家がここにあった。

4: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:09:08 ID:QRO
少し前に正史約していたニキか?

5: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:09:29 ID:sJ5
>>4
せやで
半年まえくらいやけど魯粛伝とかやってた

6: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:09:43 ID:QRO
>>5
あのスレ見てたで

8: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:09:59 ID:sJ5
>>6
そうなんか
サンガツ

7: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:09:49 ID:sJ5

先主祖雄、父弘、世仕州郡。雄、舉孝廉、官至東郡范令。

先主の祖父の劉雄、父の劉弘は、代々州郡に仕えた。劉雄は、孝廉に挙げられ、官職は東郡范県の令にまで至った。

9: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:10:38 ID:sJ5

先主少孤、與母販履織席、爲業。

先主は幼い時、母と履を売りむしろを織るのを、生業としていた。

10: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:11:05 ID:sJ5
>>9ちなみにこれが演義のむしろおりの元ネタやね

11: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:11:23 ID:sJ5

舍東南角籬上有桑樹、生高五丈餘、遙望見、童童如小車蓋。

家の東南のまがきの側には桑の樹があり、高さは五丈余りで、遥かに望み見ることが出来、生い茂っていた小さな車の蓋のようであった。

12: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:12:12 ID:sJ5
あ、ちなみに劉備はやくざの親分とか裏切り者とか言われるけどそこらへんも注目して見ていってほしいで
全然そんなことないから

13: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:12:26 ID:sJ5

往來者皆怪此樹非凡、或謂當出貴人。

往来する者は皆この樹を非凡だと怪しんでいると、ある人が(この家から)貴人が出ると言った。

14: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:12:58 ID:ev8
これって劉備が死ぬまであるんか?

15: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:13:23 ID:sJ5
>>14
やるつもりやで
人気なかったら打ち切るけど

17: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:14:12 ID:ev8
>>15
ガッツあるな~頑張ってや

18: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:14:34 ID:sJ5

あと質問あったらその都度答えていくから遠慮なく聞いてやで

>>17
サンガツ
頑張っていくで

16: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:13:36 ID:sJ5

先主少時、與宗中諸小兒於樹下戲、言「吾必當乘此羽葆蓋車」叔父子敬、謂曰「汝、勿妄語。滅吾門也」

先主は幼い時、宗族の子供たちと樹の下で遊び、言った「私は必ずこのような羽のついた蓋車に乗るぞ」叔父の子敬は、言った「お前は妄言をするな。我ら一門が滅ぶぞ」

19: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:14:49 ID:sJ5

年十五、母使行學、與同宗劉德然、遼西公孫?、?事故九江太守同郡盧植。德然父元起、常資給先主、與德然等。

歳が十五歳の時、母は遊学させ、同族の劉徳然、遼西の公孫?と共に元九江太守で同郡出身の盧植に師事させた。徳然の父は元起といい、常に先主に資金を与え、徳然と同等に扱った。

20: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:15:33 ID:sJ5

元起妻曰「各自一家、何能常爾邪」起曰「吾宗中有此兒、非常人也」

元起の妻は言った「各自で一家なのに、どうして常にこのようなことをするのか」元起は言った「我ら宗族の中でこの子は、並の人ではないからだ」

21: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:16:07 ID:sJ5

而?、深與先主相友。?年長、先主、以兄事之。

公孫?は、先主と親密な友となった。公孫?は年長であったので、先主は、兄のようにこれに仕えた。

22: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:16:37 ID:sJ5

先主、不甚樂讀書、喜狗馬音樂、美衣服。

先主は、読書をとてもは楽しまず、犬や馬・音楽を喜び、衣服を着飾った。

23: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:17:08 ID:VeY
猛虎弁で超意訳するんかと思った
頑張れ

24: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:17:48 ID:sJ5
>>23
サンガツ
意訳とはいうけど結構丁寧に訳してるつもりや
間違いあったらバンバン指摘してええで

28: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:20:27 ID:ev8
>>24
中国語なんてわからないんですがそれは

31: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:21:56 ID:sJ5
>>28
なんとなく変だと思ったら質問してみるくらいの感覚でええで
ワイも正直ニワカで前やった時はどんどん質問されたし
スポンサーリンク

25: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:17:59 ID:sJ5

身長七尺五寸、垂手下膝、顧自見其耳。少語言、善下人、喜怒不形於色。

身長は七尺五寸で、手を垂らすと膝を越え、自らその耳を顧みることが出来た。口数が少なく、よく人にへりくだり、喜怒を顔色に表さなかった。

26: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:19:09 ID:sJ5

好交結豪?、年少爭附之。

侠気ある者と結ぶのを好み、年少の者は争って彼に従った。

27: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:20:12 ID:sJ5
>>26
ここの豪?=任侠と解釈して劉備をヤクザって言う人もおるけど侠自体は悪い意味じゃないんでこう訳させてもらったで

29: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:20:37 ID:ixh
>>26
もう後のカリスマ性の片鱗はみせとるんやね

31: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:21:56 ID:sJ5
>>29
劉備は正史やと最初からチートや
諸葛亮がいない時代にすら左将軍やし

30: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:20:45 ID:sJ5

中山大商張世平、蘇雙等、貲累千金、販馬、周旋於?郡、見而異之、乃多與之金財。先主由是得用合徒衆。

中山の大商人の張世平、蘇双らは、千金を用意し、馬を売りに、?郡を回っていたが、彼を見て素晴らしいと思い、こうして多くの金や財産を与えた。先主はこうして人を集めることが出来た。

32: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:22:10 ID:sJ5

靈帝末、?巾起、州郡各舉義兵。先主率其屬、從校尉鄒靖、討?巾賊。有功、除安喜尉。

霊帝の時代の末年、黄巾が蜂起し、州郡は各々義兵を挙げた。先主は属している人を率い、校尉鄒靖に従い、黄巾賊を討った。功があり、安喜県の尉になった。

33: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:22:57 ID:sJ5

督郵、以公事到縣、先主求謁、不通。直入、縛督郵、杖二百、解綬?其頸、着馬?、棄官亡命。

督郵が、公事があって県に到ると、先主は拝謁を求めたが、通してもらえなかった。ただちに入り、督郵を縛り、杖で二百回打ち、印綬を解いてその首に掛け、馬を繋ぐ柱に縛り付け、官職を棄てて逃亡した。

34: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:23:49 ID:sJ5
>>33
これ注目してほしいで
演義やと張飛の仕業になっとるけど正史やと劉備が督郵を殴っとるんや

35: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:24:08 ID:ev8
>>34
キャラ付けやね

36: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:24:32 ID:sJ5
>>35
演義は劉備ぐう聖やから張飛になるのもしゃーない

37: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:24:38 ID:sJ5

頃之、大將軍何進、遣都尉?丘毅、詣丹楊募兵。先主與?行、至下?遇賊、力戰有功、除爲下密丞。

この頃、大将軍何進は、都尉?丘毅を遣わし、丹楊で募兵していた。先主は同行し、下?に到ると賊と遭遇し、力戦して功があり、下密の丞になった。

43: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:28:12 ID:QRO
>>37
?丘毅って?丘倹の一族なんか?

44: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:29:28 ID:sJ5
>>43
すまんわからん
ちょっと待ってて
あとの休憩で調べてみるわ

38: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:25:32 ID:sJ5

復、去官。後、爲高唐尉、遷爲令。

また、官職を棄てた。後に、高唐県の尉となり、令に昇進した。

39: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:26:07 ID:sJ5

爲賊所破、往奔中郎將公孫?。?表爲別部司馬、使與青州刺史田楷、以拒冀州牧袁紹。

賊に破られ、中郎将公孫?の元へ行った。公孫?は上表して別部司馬とし、青州刺史田楷と、冀州牧袁紹を拒ませた。

50: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:32:53 ID:puA
>>39の賊って凄いな、劉備に勝ってるとか
虎牢関が無いけどあれも創作だったんやね 虎牢関どころか反董卓は参加すらしてない感?

53: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:34:15 ID:sJ5
>>50
反董卓は参加してないな
そもそもそこの活動の記録がないからわからん

40: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:26:39 ID:sJ5

數有戰功、試守平原令、後領平原相。

幾度も戦功があり、試しに平原の令となり、後に平原の相となった。

41: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:27:45 ID:sJ5
>>40
劉備はこの時点ですでに相になっとる
どれくらい凄いかというと太守と同等や
諸葛亮とかおらんでも普通に有能なんやで

42: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:28:06 ID:sJ5

郡民劉平、素輕先主、恥爲之下、使客刺之。客不忍刺、語之而去。其得人心、如此。

郡民の劉平は、元より先主を軽んじており、その下につくことを恥じ、刺客を送った。刺客は殺すに忍びなく思い、この事を語ってから去った。人心を得ることは、このようであった。

45: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:29:38 ID:sJ5

袁紹攻公孫?、先主與田楷、東屯齊。曹公征徐州、徐州牧陶謙、遣使告急於田楷。楷與先主?救之。

袁紹が公孫?を攻めると、先主と田楷は、東に行き斉に駐屯した。曹公が徐州を征伐すると、徐州牧陶謙は、使者を遣わして田楷に急を告げた。田楷は先主と共にこれを救った。

46: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:30:45 ID:sJ5

時先主自有兵千餘人及幽州烏丸雜胡騎、又略得飢民數千人。

この時先主は兵千余人及び幽州烏丸の諸部族の騎兵を有しており、また飢えた民数千人を略奪した。

56: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)19:34:31 ID:sJ5

既到、謙以丹楊兵四千、益先主。先主遂去楷、歸謙。謙表先主爲豫州刺史、屯小沛。

(徐州に)到ると、陶謙は丹楊兵四千を、先主に与えた。先主は遂に田楷の元を去り、陶謙に帰順した。陶謙は上表して先主を豫州刺史とし、小沛に駐屯させた。

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1501927686/

スポンサーリンク
RSS_5



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする